ほどほどの日記

 理系の雑多なネタ、プリウス関連、私の日々の生活等について扱うブログになる予定です。前の2つがそれなりの割合でかければよいのですが・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 えらく遅れてしまいましたが、先週参加した赤福オフの続きです。
・1st Stage クライムヒル 久居IC>青山高原
 地図とSo!さんの説明から大体のルートは把握していましたが、念のため、ナビを設定しました。しかし、この時、ルートの設定を間違えていました。
 走り出すと、ナビはやたらと曲がるよう指示してきます。しかし、説明と道路の看板から考えると真っ直ぐ進むはずです。看板を確認しながら恐る恐る進みます。ナビの指示があまりにもうっとうしかったのでいつもの方法、音声入力で「案内中止」コマンドを実行します。
 そんなことに気を取られていたためか、半ハイブリッド状態になっているのにしばらく気がついていなかったようでした。燃費を競う場合には、大きなミスです。
 その後は順調に進み、途中で音声入力で「案内再開」コマンドを実行します。今度は余計なことは言いません。トンネルを二つ抜けてからの左折もちゃんと指示してくれました。
 この後の急な坂の上りもアクセルを踏みすぎたところが多数ありました。これらのせいか、燃費は16.1km/Lと悪い結果でした。

 しばらく、青山高原安らぎの丘で休みます。
060326_05.jpg

060326_04.jpg

 この日は曇っており、上空だけでなく、山の下にも雲がかかっていました。これも雲海と呼べるのでしょうか。他の参加者の方もこのような状態は初めてとのことでした。
060326_03.jpg


・2nd Stage ダウンヒル  青山高原>R23コンビニ
 プリウスに有利なStageです。本格的な下り坂に入る前にEVモードも使ってモーター走行主体で走ります。BL(バッテリーレベル)が3になったあたりで下り坂に差し掛かりました。最初はDレンジで軽いブレーキで速度調節しつつ、走りました。最初はうまく行っていたのですが、あっという間に回生ブレーキのおかげでBLが上がってしまい、BL7になっていました。そこでブレーキを控えると、67km/h以上になってしまい、エンジンが動き出してしまいます。エンジン始動時と停止時に燃料噴射があり、燃費によくありません。
 また、少しの上り坂の部分などでもエンジンの始動・停止があります。そうやっている内に満充電になり、回生ブレーキが利かなくなって通常のブレーキ&エンジンブレーキになりました。この時点で現在の自分の技量では、下り坂での燃費を気にした運転は危険と判断し、BレンジとDレンジの切り替えをしつつ、エンジンのオンオフを気にせずに走り出しました。
 後から考えると、実はずっとBレンジでエンジンを動かしたままにし、エンジンの始動・停止の燃料噴射を減らした方がよかったのかもしれません。
 さらに、ミスが続きます。
・半ハイブリッド退治に普段は赤信号での停止時の5秒間のアイドリングを使う代わりに、システムオフ&再起動をしたら、レンジがPになってしまっているのに気がつかず、発進時にあせった。
・R23と交わる少し前に高架があるのを覚えていたのですが、それより手前にあった高架の時に勘違いして追い抜き車線に入ってしまい、しばらく速い速度で走らざるを得なくなった。
などなど。
 63.6km/Lここもまだまだ改善の余地があます。

・3rd Stage 一般道(R23) コンビニ>伊勢神宮河川敷駐車場
 普段は周りの車の流れに乗って走ってしまうため、私ではさほど燃費を出せないルートです。しかし、今回は同じように走る人がいるので、普段よりもゆっくり走れます。
 特に途中からはインサイト(タイプCさんだったと思います)の後を走っていたので、気分的に楽でした。
060326_06.jpg

 ただ、途中、テールライトが点きっ放しになっているときがありました。ライトが点きっ放しになっているのかな、と、思い、どうやって知らせたものかと考えているうちに消えていました。その後、気づくとまたテールライトがついていました。後で聞くと「なんちゃってなんとかスイッチの切り忘れ」とのこと。どうやら燃費を良くするために何か改造を施しているようです。
 ここは、34.4km/Lで、補正を入れないと参加者中最も悪いが、補正を入れると1177さんより微妙に上とのことなので、1177さんと似たような結果なのでしょう。個人的にはGのカタログ燃費の33km/Lをこえているので満足です。

・4th Stage 高速道    伊勢神宮>久居IC
 これはプリウスに不利&私が苦手なステージですので、気楽にクルコン80km/h設定で下り坂で回生ブレーキがかかるときだけ自分でコントロール、と、いう手法で走りました。ただ、途中、80km/h以下で走っている車の後ろについてしまった時には、追い抜きのために少し速度を上げました。
 ここでのミスは、2つです。一つはBLが6から7に上がっていたので、最後にもう少しモーター走行したほうが良かったこと。高速から降りてから、半ハイブリッドのアイドリングが起こった時に、それで半ハイブリッド状態を退治してしまったことです。ゴール間近だったので、退治せずにEVモードで乗り切ったほうが良かったかと思います。
 26.9km/Lと私の技術からするとまあまあの結果でした。

 この後は、松阪の焼肉屋オーシャンで食事をしました。私は、この店は高級な松阪肉を使った料理しかないものと思っていましたが、焼肉バイキング(松阪牛ではない)もやっていたのですね。話は燃費よりも科学系の雑談が中心だったように思います。
 私は用が有ったので、焼肉屋を出た時点で帰らせていただきました。こういうオフ会も楽しいものですね。
スポンサーサイト
コメント

こんばんは、やましんです。
詳細に解析されていますね。おそれいりました。
この走行は朝早くだったのですか?

ダウンヒルでBLが上がるのは早いですよね。
伊勢道路の登坂車線のところを下っていると、
少しブレーキを多く踏むとBL8になってしまうことがあります。
さらにずっと下り坂が続く場合、私はBレンジに入れたままにして、
アクセルの踏み加減でエンジンブレーキ(または回生ブレーキ)の利きを調整しています。
長野にある国道最高地点(2100m)へ行ったときは、
峠を登り切ってBL4だったのが200mぐらい下っただけでフル充電になってしまって
あとの1000mぐらいを延々とエンジンブレーキで降りてくるはめになりました。
ダウンヒル区間の燃費はインサイトはどうでしたか?
2006/04/05(水) 22:13:03 | URL | やましん #-[ 編集]

to やましんさん
>詳細に解析されていますね。おそれいりました。
 いえいえ、本気で燃費を追及されている方に比べたら甘いと思います。
>この走行は朝早くだったのですか?
 8:30久居インターシティ集合、9:00出発です。実際に戻ったのが何時かは忘れましたが、予定では14:00に久居インターシティに戻ることになっていました。

>さらにずっと下り坂が続く場合、私はBレンジに入れたままにして、
>アクセルの踏み加減でエンジンブレーキ(または回生ブレーキ)の利きを調整しています。
それが長い下り坂での燃費が良い走り方なのですね。今後試してみます。サニーロードや伊勢道路程度なら、BLを5に下げておけば満充電までは行かないので最近はBレンジをあまり使わなくなっていたんです。

>ダウンヒル区間の燃費はインサイトはどうでしたか?
この日は47.6km/L~59.5km/Lだったようです。
「Club e-TECモバイル」のreportのコーナーや
http://homepage3.nifty.com/colamuseum/i/index.htm
伊勢・赤福オフ記録一覧に記録が公開されています。
http://homepage3.nifty.com/colamuseum/eAkaRecord.html
2006/04/07(金) 00:29:08 | URL | Take@志摩 #ZeZh8u1o[ 編集]

いろんな反省点、とてもマニアック、科学的で素晴らしい分析ですね。
燃料カットのはずのエンジンブレーキは、なぜ燃費に悪いといわれるんだろうかと思っていたんですが、オンオフのときにガソリンが必要なんですか!
へえ~知りませんでした。しかしエンジンオフのときに、なぜ必要なんですか?!
2006/04/07(金) 20:49:00 | URL | omiidon@ケータイ #1KJEwgZs[ 編集]

to omiidonさん
>いろんな反省点、とてもマニアック、科学的で素晴らしい分析ですね。
 先輩の皆さん方が色々調べてくださっているので、いろんなことが分かっていて楽に燃費を良くする事ができています。でも、確かに反省点にあげていることの多くがプリウス特有のことに対してですね。
>燃料カットのはずのエンジンブレーキは、なぜ燃費に悪いといわれるんだろうかと思って
>いたんですが、オンオフのときにガソリンが必要なんですか!
 ハイブリッドバッテリーが満充電になっていい無ければ、通常のエンジンブレーキとしてエネルギーを失う(この場合も熱として放出かな?)よりも回生させた方が良い、と、いう面の方が大きいと思います。満充電になる場合は、どちらにしてもエンジンが動いてしまうので、オンオフするよりは動かしっぱなしの方がよいのではないかと想像しています。やましんさんのコメントもそんな感じですし。
>へえ~知りませんでした。しかしエンジンオフのときに、なぜ必要なんですか?!
 そこまでは分かりません。理系とはいえ、生物屋なもので(^_^;
2006/04/08(土) 21:05:57 | URL | Take@志摩 #ZeZh8u1o[ 編集]

改めてネットでエンジンブレーキについてみてたんですが、結局、運動エネルギーを捨てることが無駄なんですよね。
そういう意味での一番の悪役が、ブレーキ、エンジンブレーキ、アクセルオフの順になると。。。
プリウスはそこに回生、エンジンストップというウルトラCがあるからすごいんですね。
とはいっても止まらないといけないのは仕方なく、できるだけ急な減速をしない運転が究極の燃費運転か?!
2006/04/11(火) 08:55:18 | URL | omiidon #u5zqAUl.[ 編集]

to omiidonさん
>改めてネットでエンジンブレーキについてみてたんですが、結局、運動エネルギーを捨てることが
>無駄なんですよね。
 そういうことだと思います。運動エネルギーのロスを減らしたり、電気の形で蓄えたりといったomiidonさんのおっしゃるプリウスのウルトラCをうまく活用することで燃費をあげられるわけです。
>とはいっても止まらないといけないのは仕方なく、できるだけ急な減速をしない運転が究極
>の燃費運転か?!
 そのあたりは難しいです。信号などで止まらなければならない場合は、メカニカルなブレーキが働かない範囲でブレーキをかけて回生させた方がよい場合が多いようですし。
 一番良いのは急な減速をしなくても良いように、不必要な加速をしない運転なのだと思っています。
あるていど周りに合わせて走ってしまうのと、先読みのミスで、徹底は出来ていませんが。
2006/04/11(火) 23:50:17 | URL | Take@志摩 #ZeZh8u1o[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://take0hodohodo.blog50.fc2.com/tb.php/28-d628a013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。