ほどほどの日記

 理系の雑多なネタ、プリウス関連、私の日々の生活等について扱うブログになる予定です。前の2つがそれなりの割合でかければよいのですが・・・。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、ザウルスで動画再生をして遊んでいます。
きっかけは、YouTubeやStage6をのぞきだしたことです。
色々調べているうちに、attyさんのサイト「atty.skr.jp」にあるMplayer for Zaurus&ZPlayerでflvも再生できるとしり、まずはチャレンジしてみました。
atty.skr.jp
http://atty.sakura.ne.jp/

手持ちのSDカードとSL-C760との組み合わせでは、flvの再生はかろうじてできるものの、数秒に1度しか画像が変わらず、お話になりません。
そこで色々調べていて行き着いたのが、オープンソースのマルチメディアファイルの変換ソフトffmpegでした。
アキさんのサイトを参考にしつつ、
http://www.xucker.jpn.org/keyword/ffmpeg.html
Calciumさんの携帯動画変換君に入っているffmpegを使います。
http://www.forest.impress.co.jp/lib/home/ktai/ktaipic/keitaidouga.html

とりあえず、私の環境では、「test.flv」を変換する場合には以下のようなオプションで設定してやると、それなりに再生してくれました。
ffmpeg -i test.flv -r 15 -s 320x240 -4mv test.avi
15フレーム/秒、解像度320×240のMPEG4ファイルです。
オプションはもう少しいじれるかもしれません。携帯動画変換君に入っているffmpegだと本来の目的にいらない機能をきってコンパイルしているのか、機能していないオプションがあるような気もしますが。
かといって、自分でコンパイルするのはハードルが高そうなんですけれど。
Windows上でコンパイルするよりもLinux上でしたほうが楽な気もします。

なお、こんなことをして遊んで得た知識は、仕事がらみでデジカメの動画をWMV形式に変換するのにも役に立ちました。手持ちのデジカメのひとつがMPEG4形式で録画していて、かつ、Windows Media エンコーダでのエンコードができなかったんですよ。ちゃんと付属ソフトを入れれば問題なかったのでしょうけれど。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。